PROFILE

望月宗生shusei mochizuki

シャープペンシルアーティスト

1986年8月1日生まれ
武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業

【シャーペンアートに目醒め、自分の生き方を知る】
シャーペンを使い始めたのは小学校高学年からで、ノートや答案用紙の裏にいつも絵を描いていました。描いてたのは毎回決まって架空の生物や漫画のキャラクター。この時から大学生になるまでの8年間いつもノートに落書きをしていました。

大学生になるまで描き続けると、さすがに落書きとは言えどそのクオリティは洗練されてきていて「お前の落書きは落書きじゃない」と言われるほどになっていました。そんなある日、友達のとある一言で僕の人生が動き出しました。

「俺の企画で絵を描かないか」

僕自身ただの落書きとしか思っていなかったものに価値を見出した彼が、その年の芸術祭で僕のための企画を立ててくれて初展示が実現しました。人様に見せる程の価値がシャーペンの絵にあるのか疑問でしたが、やってみると予想以上にまわりの反応は良くて、こんな楽しい気持ちは人生で初めてでした。

それ以来、人を喜ばせる充実感に取り憑かれてひたすらシャーペンで絵を描き続けました。当時はキックボクシング部に所属していたので、将来は魔裟斗のようなK-1チャンピオンになるか、それとも絵描きになるか、真剣に悩みました。学科はデザイン系でしたがもうその勉強のことはそっちのけです。

卒業後、格闘家の夢は諦めて晴れて作家としてデビューし、本格的にシャーペンアートを極めていくことになります。しかし、絵画初心者が23歳からフリーで創作活動を始めるわけなので当然のことながら成果の出ない不遇の時代が続きました。

先の見えない不安から厳しい表情になる日もありましたが、それでも負けず嫌いで諦めの悪い僕は地道に活動を続けていき、やがて少しずつ結果を出して人を喜ばせられるようになりました。

そして更により多くの人に喜んでもらうために、もっと柔軟な生き方をしたいと考えるようになりました。

美術という枠にとらわれず、絵画以外にもイラストや映像、ライブパフォーマンスなどの分野でも創作活動をして、市場の垣根を越えて描く。そんな縦横無尽に何事にも全力を尽くせる自由な生き方が理想であると気づきました。

シャーペンという道具が平凡であるからこそ、専門的でないもの特有の柔軟性があるし、やり方次第で無限の可能性があると思います。シャーペンでの活動を見てくれた人々に、例え平凡で秀でた能力がなくても努力や捉え方次第で可能性も希望もあることを感じてもらえたら嬉しいです。

biography

受賞歴

  • FACE 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選

    2014年

  • 『SUMMER SONIC 2014』 SONICART賞 受賞

    2014年

活動歴